楽しく使える楽天銀行

楽天銀行のお得な金利

楽天銀行が提供する金利は、店舗や行員にかかる費用が抑えられるインターネット銀行の強みを生かして、他の銀行等金融機関と比べて比較的有利な金利が提供されています。

最も一般的な普通預金の金利は0.020%と他の多くの金融機関と同等の金利となっていますが、この普通預金に関しても条件を満たせば優遇があります。それは、楽天カードの利用がある場合であり、楽天カードの利用金額の引き落としがあった日のある月の翌月1ヶ月間が対象となり、通常0.020%である金利が0.040%となります。普通預金の金利は一定であることが多いため、このサービスは利用者にとって非常に嬉しいものです。

また、定期預金に対する金利も他の銀行等金融機関における仕組みとは少し異なっています。一般的に、多くの銀行等金融機関においては預金金額が300万円未満と300万円以上1000万円以下、そして1000万円以上とで異なる金利が提示されることが多いものですが、楽天銀行においては預金金額が1万円以上100万円未満、100万円以上1000万円未満、そして1000万円以上という区分で異なる金利が提示されています。300万円ではなく、100万円という少ない単位の預金でありながらより有利な金利を得られることもまた大きな魅力と言うことができるでしょう。

2014年2月の時点での実際の金利について見ていきます。1万円以上100万円未満の預金金額では、預金期間が1ヶ月で0.05%、3ヶ月では0.08%、6ヶ月で0.20%、1年で0.30%、2年で0.14%、3年で0.17%、5年で0.22%となっています。

預金金額が100万円以上1000万円未満の場合には、預金期間が1ヶ月で0.06%、3ヶ月で0.09%、6ヶ月で0.20%、1年で0.30%、2年で0.15%、3年で0.18%、5年で0.23%となっています。預金金額が1000万円以上では、預金期間が1ヶ月で0.07%、3ヶ月で0.10%、6ヶ月で0.20%、1年で0.30%、2年で0.16%、3年で0.19%、5年で0.24%です。

一般的な銀行等金融機関に比べて比較的高い金利が提示されているだけでなく、預金金額に関わらず、どの場合でも預金期間が1年の場合が最も高い金利となっており、預ける期間が長ければ長いほど金利が高くなるというわけではないということも、大変興味深いところです。また特別金利が上乗せされる定期預金のキャンペーンが行われることもありますので、情報には敏感でありたいです。

楽天銀行の提供する金利は以上のようになっています。